プロが教える 簡単洋蘭バンダの育て方 咲かせ方 これだけ守れば年3回絶対に咲く!



  温暖期の管理
夜間最低10℃を下回らなくなったら雨が良く当たる屋外に出します。葉焼け注意!

日照と置場・・・一番大切!
屋外の樹木の枝に吊り下げ、雨によく当てることが一番大切

直射光では葉焼けします。
朝7時から11時までは直射光でもかまわない。日当たりの悪いマンションの場合。

理想は、市松模様50%遮光ネット(ホームセンターに有)下に置くのが安全!


水やり・・・
●強水で水やりできる方!

朝方、ホースの先にノズルを付け強水でバンダの株、根全体を洗うようにして水やりします!

●強水で水やりできない方!
バケツに水を張る。バンダの株全体をバケツに浸けたり、上げたりを3〜5回繰り返して株を洗うように水やりする。


肥料やり・・・
水1リットルに液肥2滴を入れた液を霧吹きで、週二回夕方に葉、根全体に霧吹きしてやる。

・・・・・・・・・・・・
  温暖期の管理
夜間10℃を下回り出したらお部屋、温室に移します。

日照と置場・・・
窓辺等、3時間は日照が当たる場所へ置きます。玄関、浴室等は夜間気温が下がるので不適。

お部屋でバンダを吊り下げて管理できない場合は、バンダの根を2分水に浸すと柔らかくなるので、くるくると根を巻いて大き目の素焼鉢へ入れ、発泡スチロール片を入れ、株がぐらつかないようにする(温暖期になれば鉢から出して吊り下げて管理します)。

お部屋で吊り下げて管理できる場合、大きなビニール袋を上から被せます。下部は開放で良い。


水やり・・・冷水厳禁!
毎朝、午前11時頃にぬるま湯(人肌程度の水温)で株全体に水やりします。


肥料やり・・・
水1リットルに液肥2滴を入れた液を霧吹きで、週二回夕方に葉、根全体に霧吹きしてやる。

肥料は冬も年中同様に与えます。年中生育しています。与えないと開花しにくくなります。



一般洋蘭の育て方、ミズゴケの使い方、植替え、株分けの仕方


・・・・・・・・・・・・

洋蘭のご質問はお気軽にEメールでお問合せ下さい!

ご高齢者等で洋蘭を趣味で育てたいが何が簡単で美しい花が楽しめるか判らない方もご相談下さい。




        


洋蘭ブログをご覧下さい


ご高齢者でも主婦でも運営できる「洋蘭カラフル・バンダ切花出荷事業・全指導」


洋蘭ネット通販


世界一の規模、タイ洋蘭農場見学とタイ観光 ご案内


定年退職後はタイで結婚年金暮らし。介護問題も解決